保険のガイドさんHOMEブログ生命保険料控除制度について

生命保険料控除制度について

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

運動会などスポーツをするには

とても気持ちがいい季節になりましたね\(^o^)/

空が高く感じる今日この頃です。

『保険のガイドさん』 江南店です(^o^)/

 

もうそろそろ、

生命保険料控除証明書

ご自宅に届き始める時期となりました。

 

本日は、

生命保険料控除制度について

お話したいと思います。

 

生命保険料控除とは、

契約者または保険料負担者が払い込んだ

生命保険料に応じて

一定の金額が

その年の所得から差し引かれる

という制度です。

 

その制度を適用することにより、

所得税や住民税の負担が

軽減されます。

 

この生命保険料控除制度

改正され

平成24年1月1日以後に契約した生命保険から、

新制度の対象となります。

 

新制度で大きく変わった点では、

『一般生命保険料控除』

『個人年金保険料控除』に加え、

『介護医療保険料控除』が新設されました。

 

 

生存または死亡に基因して、

一定の保険金やその他の給付金を

支払うことを約する部分に係る保険料は、

『一般生命保険料控除』に分類されます。

 

入院や通院などにともなう

給付部分に係る保険料は、

『介護医療保険料控除』に分類されます。

 

個人年金保険料税制適格特約の付加された

個人年金保険契約などに係る保険料は、

『個人年金保険料控除』に分類されます。

 

ただし、

身体の傷害のみに基因して

保険金が支払われる『傷害特約』

『災害割増特約』などの保険料は、

新制度では、

生命保険料控除の対象になりません。

 

では、

『旧制度』『新制度』

両方の契約がある場合はどうでしょうか?

 

『一般生命保険料控除』

『個人年金保険料控除』については、

『旧制度『新制度でそれぞれを計算して、

合計した各控除の適用限度額は、

所得税→40,000円

住民税→28,000円

となります。

 

『旧制度のみで

所得税の控除額が40,000円超の場合、

各控除の適用限度額は、

所得税→50,000円

住民税→35,000円

となります。

 

『新・旧制度を合わせた適用限度額は、

所得税→120,000円

住民税→70,000円

となります。

 

詳しい計算方法は、ぜひ下記を参考にしてください。↓↓

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

 

『保険のガイドさん』では、

みなさまの『分からない』『不安』『疑問』などを

一緒に解決するお手伝いをさせて頂いております。

書店に来られた際には、

ぜひ『保険のガイドさん』

お気軽にお立ち寄り下さいね(^o^)/

 

お客様の声をしっかりお聞きするため

『保険のガイドさん』では

ご予約をお願い致しております。

 

ご予約はお電話かインターネットにて承っております。

 

電話でのご予約の方は、こちらからどうぞ↓

フリーダイヤル 0120-2370-45

 

インターネットでのご予約の方は、こちらからどうぞ↓

http:/hoken-guidesan.com/contact/

 

みなさまのご来店を

スタッフ一同心よりお待ち致しておりますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

24時間無料相談はこちら