保険のガイドさんHOME保険のご案内新婚の方

新婚の方 保険のガイドさんが教えてくれる保険の話

今の保険の状況と今後も踏まえてあなたのライフスタイルに合った保険をご提案致します。その前に保険のガイドさんがあなたの質問に答えてくれます。

まだ子どもはいないのですが、もし交通事故で寝たきりになってしまった場合、
どれくらい必要ですか?

交通事故は自分が気を付けていても、いつ起こるかわかりません。
世帯主または配偶者が要介護状態となった場合の公的介護保障の
範囲外費用に対する経済的備えとして必要と考える
初期費用は、平均252.1万円
月々の費用は、平均16.8万円((公財)生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」平成27年度より)といわれています。
ところで、国が行っている『社会保障制度』をご存知ですか?

例えば年金制度

その中には、病気やケガなどで障害が生じたとき、受給要件を満たしていれば給付される「障害年金」があります。

【障害基礎年金】

国民年金に加入している間に初診日(障害の原因となった病気やケガについて、初めて医師の診療を受けた日)のある病気やケガで、法令により定められた障害等級表(1級・2級)による障害の状態にある間支給されます。

金額(平成27年4月から)年間 1,199,625円(1級) 1,004,600円(2級)

【障害厚生年金】

厚生年金に加入している間に初診日のある病気やケガで障害基礎年金の1級または2級に該当する障害の状態になったときは、障害基礎年金に上乗せして支給されます。
金額 収入等により異なります

他にも、病気やケガの治療などにかかった医療費が一定額を超えた場合に、その超えた金額が支給される「高額療養費制度」があります。

高額療養費精度とは

※負担の上限額は、年齢や所得によって異なります。
※詳しくは、厚生労働省ホームページをご参照ください。

まずはご家族がどんな公的保障を受けられるか知ることからスタートすることが大切です。

24時間無料相談はこちら